Fd-Landscape
Fd Landscapeはアウトドアプレイス(屋外の場所)から公園などのパブリックスペース、街区・都市スケールのランドスケープデザインまで、土地の地形や生態、水の流れ、敷地デザインからそこでの人の在り方まで、時間の流れの中で変化するオープンな環境システムをデザインします。
私たちは、人々が住みやすく健康的な生活をおくるために屋外空間の機能や魅力を核にした'Livable CIty' の創成を目指し、小さな居場所から大きな都市スケールのランドスケープのデザインを通じて新しいライフスタイルをつくりだします。

沿革

2012
Fd Landscape 設立

受賞歴

2014
富山県氷見市朝日山公園整備コミュニティデザインプロポーザル・コンペティション最優秀 
(ティーハウス建築設計事務所、京都府立大学松田法子研究室と協働)
2015
「2015年度グッドデザイン賞」受賞
(住宅・住空間部門、debual LCCと共同受賞) 
2016
栃木県那須塩原市(仮称)まちなか交流センター基本設計・実勢設計プロポーザル 佳作
(株式会社フケタ設計、オリエンテーションズ一級建築事務所、宇都宮大学安森研究室と協働)

Team

福岡 孝則

Fd Landscape主宰
東京農業大学地域環境科学部造園科学科 准教授 
神戸大学大学院工学研究科建築学専攻 客員准教授
1974年神奈川県藤沢市生まれ。ペンシルバニア大学芸術系大学院ランドスケープ専攻修了後、米国Hargreaves Associates, Gustafson Guthrie Nichol Ltdを経てドイツAtelier Dreiseitl GmbH(現Ramboll Studio Dreiseitl)のPMとして中東やアジア・オーストラリアの持続的都市・環境デザインプロジェクトを担当。2012年6月より現職。コートヤードHIROOで2015年度グッドデザイン賞受賞。現在ランドスケープデザイン誌に「Waterscape」を2年間にわたり連載。2015年に編著「海外で建築を仕事にする2 都市・ランドスケープ編」(学芸出版社)、2017年に編著「Livable City(住みやすい都市)をつくる」(マルモ出版)を刊行。

経歴

2003
ペンシルバニア大学芸術系大学院ランドスケープ専攻修了
大学院修了にあたりNarendra Juneja Medal 受賞
William Van Allen Fellowship 受賞
Wallace Roberts and Todd Fellowship 受賞
2003-
Hargreaves AssociatesにProject Designerとして勤務
(アメリカ合衆国、カリフォルニア州、サンフランシスコ)
2005-
Gustafson Guthrie Nichol にProject Manager/Designerとして勤務 (アメリカ合衆国、ワシントン州、シアトル)
2009-
Atelier Dreiseitl GmbH(現Ramboll Studio Dreiseitl) にProject Manager として勤務
(ドイツ連邦共和国、バーデンビュルテンブルグ州、ユーバーリンゲン)
2012-2017
神戸大学大学院工学研究科建築学専攻
持続的住環境創成講座 特命准教授
2012-
Fd Landscape 主宰
2013-2017
立命館大学理工学部建築都市デザイン学科 非常勤講師
2014-2017
京都造形芸術大学環境デザイン学科 非常勤講師
2017-
東京農業大学 地域環境科学部 造園科学科
ランドスケープデザイン研究室 准教授
2017-
神戸大学大学院工学研究科建築学専攻
客員准教授
資格
アメリカ合衆国公認 登録ランドスケープアーキテクト
(ワシントン州、登録番号#1233)